MENU

学生のうちにトレチノインでニキビ跡治療

 

高校生の時にニキビがたくさんできて、潰してしまうことがありました。
20歳を過ぎたらパタっとニキビができなくなったのですが、ニキビ跡は残ったまま。
茶色っぽい色素沈着が目立つようになってしまったので、トレチノインを使っています。
化粧品でも色素沈着を薄くすることはできるみたいですが、長いスパンが必要みたいで。
就活までに肌をキレイにしたかったので、ターンオーバーを促進するというトレチノインを使うことにしたんです。
かなり成分の強い薬なので、学生のうちでないと使えません。
大学は長期休みがあるのでしばらく引きこもれますからね。
なので春休みの間に使ってみましたが、茶色い跡がだいぶ薄くなりました!

 

シミ治療のトレチノインの使用について

 

シミを薄くすることで知られているトレチノインとハイドロキノン。
副作用や金銭的な問題があるのでどちらか一つだけ使おうと思っていました。
ただ、トレチノインは単体で使うと却って副作用を強めてしまうことがあるのだそうです。
肌の生成を早めることができるのでシミを薄くする効果があるのは事実。
ただその分メラニンの生成も活発になってしまい、新しいシミができやすくなってしまうとのこと。
なのでトレチノインを使う時は一緒にハイドロキノンを使って、メラニン生成を抑制しないといけないんです。
もし単体で使うのであればハイドロキノンだけにした方がいいそうですよ。
使い方が難しいので軽い気持ちで使わない方が良さそうです。